FFT小説「HYDRANGEA」をUPしました

本日はアグリアスさんの誕生日、ということでその記念話を書きました。本当はもう少し前にUPできればよかったのですが、なかなか迷走してしまった結果、今日になってしまったという次第です。Chapter.4の終盤、PSP版追加イベント「王女との再会」前の話ですが、未プレイでも読むことができるのではないかなと思います。FANFICTION>FFT>NOVELSにありますので、興味があるぞという方はぜひどうぞ(pixivにも掲載しました)。

書きつつ思ったことといえば(あとがきにも書きましたが)ラムアグを書くと「信じる」という言葉がたくさん出てくるような気がするということです。気が付かずに書いていたのですが、なんでだろう…。好きなのかもしれません。ついこの間書いた「MEMORIES」と昨年書いた「BELIEVE」などなど私が書くとこの2人はそればっかりか!となってしまいます。いえ、信じ合える仲というのはとても素晴らしいことなのですが…。はい。

ちなみにタイトルの意味は「紫陽花」。6月、そしてFFTの世界でも雨季ということでこちらのタイトルにしてみました。

フォロー