FFT小説「BIRTHDAY, AND」をUPしました

今日はオヴェリアさまの誕生日!ということで小話を書きました。FANFICTION>FFT>NOVELSにありますので、お読みいただければと思います(pixivにも掲載しました)。あんまり明るくないというかはっきり暗いと分類できそうなお話となっています…。誕生日なのに。

とはいうものの、彼女の場合は誕生日=命日?になるのでしょうか(少しタイムラグがあるかも)。あのエンディングは当時は驚いたし、後味の悪さMAXだったし(エピローグもオーランのくだりで泣けたし)、でも考えるきっかけにもなりました。そんなこんなでエンディングとエピローグありきでここまで来てしまったような感もあります。これらのエピソードなかりせばこの世(ってなんだ)のどけからまし。

ちなみに、ディリータ死亡&オヴェリアさま生存説、両者死亡説、両者生存説色々ありますがディリータは咄嗟に急所を刺しそうだし、オヴェリアさまはこういうことには慣れてないから外したんじゃないかなと思っています。

フォロー